工学社提供のニコ生「ゲームクリエターズクライシス」の第3回目が11月26日の夜22時から放送されます!


基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。
 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!

前回はなんと5時間の長丁場でしたが、今回はそこまで長くする予定はありませんので、お気軽に、寒い夜なので、鍋でも囲んでいるようなイメージで、ノンビリとお付き合いいただければ。




あと、今回は、Periscopeではなく、Facebookで生放送するかもしれません。
おたのしみに!


[16/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第3回放送!


急な話なのですが、11月23日、勤労感謝の日に「本屋 EDIT TOKYO」というイベントのひとつとして、「パソコンの次に来るもの」月刊『I/O』創刊40周年記念」というトークイベントをやることになりました!

お相手は、ケヴィン・ケリー『〈インターネット〉の次に来るもの』(NHK出版)の翻訳を手掛けられた服部桂さん。

お互いコンピュータ雑誌を手掛けてきた身として、「コンピュータ」「パソコン」「インターネット」についてのディープなお話しができると思いますので、休みの日ですが、ぜひ銀座までお越しください。

11月23日水曜日 19時-21時
藤井創×服部桂
40年間コンピュータの歴史とともに歩んできた、自作派のためのコンピュータ技術情報誌『I/O』(工学社)編集長の藤井創さんと、MITメディアラボ客員研究員、科学部記者、雑誌編集者などを経てITの黎明期から多数の研究・編集・執筆・翻訳を手掛け、最近も話題のケヴィン・ケリー『〈インターネット〉の次に来るもの』(NHK出版)の翻訳を手掛けられた服部桂さん。

お二人ともパソコン誌の編集に携わられた経験から、「パソコン誌の歴史」にはじまり、「インターネットの次に来るもの」「パソコンの次に来るもの」などについて、その過去・現在・未来をたっぷりと語っていただく2時間です。


※観覧にはチケットが必要です。チケットはこちらから。


[15/40]「本屋 EDIT TOKYO」でトークイベント!


前回の「40周年記念ニコ生」、おかげさまで大盛況のうちに終わることができました。
なにぶんはじめての生放送だったので、至らない部分も多かったと思いますが、いかがだったでしょうか?

このときに多くの読者とコメント上ではありますが、交流ができたことで、編集部一同、大変励みになりました。

なので、性懲りもなく、ニコ生を毎月発売日直前に定期的に行なうことにしました!

・・・とは言っても、放送時間は前回の半分、そしてI/Oの読者投稿コーナー「I/Oプラザ」に編集部が返信をする「読者交流」を中心とした内容でお届けしたいと思います。

「I/Oプラザのニコ生版」、ということで略して「プラたま!」。単純なネーミングですが、お時間が許す方はどうぞご覧ください。
そして、大いに絡んでくださいまし。

 

[14/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」スタート!



ちょっと順序が逆になってしまいましたが、「ニコニコ動画チャンネル」もスタートしています。

「Youtube」チャンネルは前々からあったのですが、


「もっと読者と交流したい!」ということで、このたび「ニコニコ動画」にも動画をアップすることにしました。




もちろん、生放送もこのページから配信するので、ぜひチャンネル登録をお願いいたします!



[13/40]ニコニコ動画チャンネルスタート!


I/Oを支えてきたライター陣。

PCはもちろん、CGや電子工作、はては漫画まで、いろいろなジャンルのお勧め書籍を紹介してもらいました。

詳細はI/O 2016年11月号で掲載していますが、載りきらなかった分も含めて以下のページに掲載しています。

ぜひご覧ください!


「ライターが選ぶ、お勧めの一冊」

[12/40]40周年記念企画「ライターが選ぶ、お勧めの一冊」を掲載!