[34/40]メイカーズフリマ2017(春) supported by I/O 開催!
[26/40]「技術書典2」と「もくもく執筆会」
[23/40]「電子デバイスGGJ2017」をリアルタイム更新します
[20/40]I/O40周年記念忘年会
[17/40]電子デバイスGlobal Game Jamを開催!
[13/40]ニコニコ動画チャンネルスタート!
[12/40]40周年記念企画「ライターが選ぶ、お勧めの一冊」を掲載!
[11/40]「40周年記念座談会」ディレクターズカット版!
[5/40]自慢の「自作品」、募集してます。
「OpenToonzでアニメを作ろう!」開催

7月15日Yahoo Lodgeで無料のアニメーション制作ソフト「OpenToonz」のワークショップを開催しました!



夏真っ盛りの暑い中、20人近くの方々に参加してもらいました。


講師はドワンゴでOpenToonzの開発に携わっている岩沢駿氏、そして書籍「OpenToonzではじめるアニメーション制作」でもある泉津井陽一氏。


壇上の解説だけではなく、フロアを周って、フォロー解説なども行なわれました。


当日はワコム社の協力で、最新液晶タブレットを使うことも。



OpenToonzは元々スタジオジブリで使われていたものを、ドワンゴが買収し無償公開しているものです。
元ジブリの米林監督の新作アニメ「メアリと魔女の花」のシャボン玉のシーンでもOpenToonzが使われているそうなので、鑑賞の際は注意してみてください!


OpenToonzを使ったことのない方を中心にしたワークショップでしたが、最後は皆簡単な横に移動するアニメーションまでを完成!作品上映会です!

初めてのOpenToonzワークショップ開催でしたが、予想以上に反響も大きく、参加希望者もたくさんいたので、今後も第2弾第3弾と続けていきたいですね!








[39/40]OpenToonzワークショップ開催!


7月になり夏本番!もう夏休みに突入した学生さんもいるかもしれません。
夏と言えば海!山!・・・でもちょっとまてください。
みんなが遊んでいるときだからこそ、差を付ける良いチャンスじゃないですか!

そんなあなたにお勧めなのが「福島GameJam」!
「福島」と冠がついているものの、各地でサテライト会場があるので、会場のある地域ならどこでも参加OK!
そんな福島GameJamの魅力を番組でたっぷりとお伝えします!

そして、ゲストは「福島GameJam」の主催でもあるIDGA日本の中林寿文氏!「福島GameJam」の裏の話まで聞けるかも?!

基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!
放送は22日22:00から!お待ちしております!





[38/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第11回は「福島ゲームジャム2017スペシャル」

I/O公式の編集部と読者の交流の場「プラなま!」。

今回は18日発売の「I/O 8月号」の内容を紹介。
今月の特集は『「GPIO」徹底研究』です。
「GPIO」の「しくみ」や「種類」の解説から、「PIC」「Raspberry Pi」「Arduino」といったボードごとの「GPIO」の違い、それを使った実際の電子工作などを紹介します。


この他、各所で話題のソニーのおもちゃ「toio」に実際に触れてきた話や、HDDをSSD以上に爆速にする「Intel Optineメモリ」など、新しいハードについても取り上げています。
そして今月も、新たなイベント募集のお話もしちゃいますよ!

放送は、I/O発売日の18日22時から。
今回はゲストを迎えて、なんと30分延長のスペシャルプログラムでお届けします!
お楽しみに!



[37/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」第9回目放送!


6月になり、学生さんはそろそろ授業にも慣れてきたころでしょうか。
となると、当然「そろそろゲームを作ってみたい!」とかなりますよね?!ならないですか?
でも作り方が分からない?
そんな貴方に向けて、次回の「ゲームクリエターズクライシス」では、「学生チーム対抗ゲームジャム2017スペシャル」と題して、7月に開催される「学生チーム対抗ゲームジャム」の内容やそれに向けた対策などを公開!

基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!
「学生チーム対抗ゲームジャム」に参加したい人はもちろん、興味はあるけど、中身が分からないからこわい!っていう人もぜひ観てみて!
気軽に参加できるイベントだって分かるから!

放送は17日22:00から!なんとI/Oの発売日!お待ちしております!






(今回のサブ放送もFacebookで放送予定!)



[36/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第10回は「学生チーム対抗ゲームジャム2017スペシャル」


I/O公式の編集部と読者の交流の場「プラなま!」。

今回は17日発売(1日早いですよ! 注意!)の「I/O 7月号」の内容を紹介。
今月の特集は「分野別おススメプログラミング術」です。
どのような場面で、どのような言語が使われるのか、またそもそもプログラムとは何なのかなど、プログラムの本質を紹介していきます。


この他、先月の放送でちょっと話題に挙げた海外の巨大メイカーイベント「Maker Faire Bay Area」に編集長が参加してきた体験記や、7月、8月と予定されているイベント情報についてもどんどん公開してきます。

放送は、16日金曜日の22時から!
今月も「プラなま!」をヨロシクお願いします!



[35/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」第8回目放送!

夏と言えば「MakerFaireTokyo」など、ものを作っている皆さんにとっては別の意味で熱い夏ですね!

しかし!その前に「部品が足りない!」とか「他の人は何を作っているんだろう」って気になりませんか?!

そんなときは、今週末に品川で開催の「品テクマルシェ on the GREEN 2017」の中で、日曜日に開かれる「メイカーズフリマ2017(春)」に来てみてはいかがでしょう?

MakersによるMakersのためのフリマですが、参加はだれでもOK!

是非フラッと遊びに来てください!

I/O最新号(と僅かな書籍)をもって会場でお待ちしております!



去年の様子




一昨年の様子











[34/40]メイカーズフリマ2017(春) supported by I/O 開催!



I/O公式の編集部と読者の交流の場「プラなま!」。
今回も最新号となる、「I/O 6月号」(5/18発売)の中身を紹介。

今月の特集は「超小型ボード使い方入門」です。
「Raspberry Pi」「Arduino」などのワンボードマイコンはもちろん、互換機やシールド、「Raspberry Pi Zero」のような最新ボードの活用事例などついて紹介していきます。

また、先月出展した「超技術書典」の様子はどうだったのか、そして現在企画中のイベントについてもお届けします。

今月もいろいろな情報が盛りだくさん!
放送日時は、17日の22時からです!




[33/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」第7回目放送!


5月の連休も終わり、次の連休が7月15日まで来ないことに嘆いている皆さま、そんな“邪気”を払うためにも、今月はいち早く「ゲームクリエターズクライシス」をお届けしますよ!

基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!
そして!
今回もゲストがいます!

今回のゲストは「BISHAMON」(ゲーム用パーティクルエフェクトツール)を開発している「マッチロック」の後藤誠さん。
ゲームやエフェクト作りの基本を聞けるかも?!今回も質問をお待ちしております!

そして、5/18発売のI/O最新号の内容を、どこよりも早くチラ見せ!

というわけで、今回はいつもよりだいぶ早い13日22:00から!お聞き逃しなく!





(今回のサブ放送もFacebookで放送予定!)

そういえば前回お詫びのオマケ映像がありました。

[32/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第9回放送!※ゲストあり


40周年ノベルティグッズとしてI/Oのロゴ入りコースターを作るべく、渋谷はFabCafe Tokyoへやってきました!
レーザーカッター用データを作るワークショップです。


まずはレーザーカッター用のデータ作りの説明をうけ、Illustratorでデータを作成!

また、素材による向き不向きやレーザーの強さで濃さが変わるとのこと。

データはUSBメモリやメールでスタッフに渡して、さっそくレーザーカッターの出番です。
焼き加減も選べます。


すごいスピードであっという間に出来上がっていく!



最後は丸く切り抜いて完成です!





この他にも気軽に参加できるワークショップが開催されているようです。
興味のある方はチェックしてみてください!

FabCafe Tokyo





[31/40]FabCafeTokyoでレーザーカッター初体験!


4月になり、新学期もスタートしましたが、中には就職活動がスタートした人も多いのではないでしょうか。
というわけで、次回の「ゲームクリエターズクライシス」では、「新人、新入社員、就職活動スペシャル」と題して、ゲーム業界の、特に「就活」や「ゲーム業界で働く」話などについて取り上げる予定です!

基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!
これから「ゲーム業界」に入ろうと思っている人はもちろん、新入社員として入ったはいいものの、これからどうすれば良いか悩んでいる人など、ぜひドンドン参加してご質問をお寄せください。
もしかしたら「この会社はヤバイよ」っていう裏話が聞けるかも?!

放送は22日22:00から!お待ちしております!





(今回のサブ放送はFacebookで放送予定!)


[30/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第10回は「新人、新入社員、就活スペシャル」

I/O公式の編集部と読者の交流の場「プラなま!」。
6回目を迎え、そろそろお馴染みになってきたでしょうか?

今回は18日発売の「I/O 5月号」紹介。今月の特集は「ロボティクス(Robotics)――「AI」「IoT」との融合」です。
いろいろな場面に活躍し始めている「ロボット」や「AI」について紹介していきます。

また、先日開催された「技術書典」の様子や、今月末に行なわれる「ニコニコ超会議」のイベント「超技術書典」についてビックリな情報を公開予定!

放送日時は、17日の22時から!

半年記念の「プラなま!」をよろしくお願いします!

[29/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」第6回目放送!


3月になり、Nintendo Switchも発売され、その話題で持ちきりのゲーム業界ですが、もちろん、次回の「ゲームクリエターズクライシス」でもこの話題、取り上げます!

基本的にゲームに詳しくないI/O編集長が、ゲーム業界に詳しい2人に、「ぶっちゃけゲーム業界ってどうなのよ」っと言った内容の話を聞いています。 これからゲーム業界を目指す人も、今ゲーム業界で四苦八苦している人も、はたまた、外から見ると華やかに見えるゲーム開発業界って本当はどうなっているの?と思っている人も、ぜひ一度見てみてください!
そして!
今回もゲストがいます!今回のゲストはCRIミドルウェアのサウンドエンジニア「田中孝」さん!「サウンドゲームジャム」などを開催したりしている方です。
ゲームの「サウンド」という、中々知ることのできない話が聞けるのではないかと思います。

なので!サウンドに関する質問もお待ちしております!18日22:00から!





(今回のサブ放送はFacebookで放送予定!)


[28/40]ニコ生「ゲームクリエターズクライシス」第7回放送!【ゲスト有り】



遂に5回目を迎えた、I/O公式の編集部と読者の交流の場「プラなま!」。

今回は18日発売の「I/O4月号」のご紹介!4月号は「[特集]ビッグデータ――技術と対策 」が特集となっています。
その裏話や、その他の記事についても紹介します。 

また、今週末開催の「もくもく執筆会」についてももちろん紹介!

放送日時は、17日の22時から!

春近し!「プラなま!」をぜひ一緒に盛り上げてください!


[27/40]毎月の読者との交流の場「プラなま!」第5回目放送!



2017年ももう3ヶ月目に突入しましたが(月日が経つのは早いですね!)、40周年企画はまだまだ続きます!

と言っても、今度参加するイベントは、なんと「技術書典」。そう、技術書の同人発売会です。
「技術書」と言えば、もちろん工学社の十八番とも言える分野。なので、いつも当社が出している「プログラミング」や「電子工作」関連の書籍から編集が厳選したものを販売します(当日割引もある予定)!
「I/Oハッカーズ」というサークル名で出展します!ぜひお立ち寄りください。



・・・が、それだけでは面白くありません。
そこで!
普段商用ベースでは出せない「同人」的な書籍を編集部で作って持って行ければと思っています。

ただ、編集部が作れるモノにも限りがあります。なので、スペースが余る可能性があります。

そこで(2回目)! 
皆さんも一緒に技術書を出しませんか!
技術書に関する同人誌を送っていただければ、代わりにそこで販売します!もちろん売り上げはすべて還元いたします。

・・・と言っても、技術書なんてどこから書けばいいのか分からない、と思っている方、いらっしゃいますよね!
そんな方のために、「もくもく執筆会」を開催することにしました!




「自分も技術書を出してみたい!」とか「I/Oハッカーズブースに自分の本を委託してもいい!」という人で集って、もくもくと書籍を執筆する「もくもく執筆会」を行なえればと思っています。 

「本を書きたいけど、一人じゃ全然進まない」とか「書くときに(ちょっとだけ)アドバイスが欲しい」という人(ほとんど出来ないと思いますが・・・)は是非ご参加ください!

編集部でできることは何でもサポートします!
「本を出すにはどうすればいいの?」といった素朴な疑問でもかまいません。
2回目は3/20の祝日!是非参加をお待ちしております!

[26/40]「技術書典2」と「もくもく執筆会」